phm04_0925-s.jpg
喉頭がんについて

症状・治療・手術など
情報を徹底解説












●はじめに

このサイトでは、わかりやすく基礎知識を説明しています。喉頭とは、いわゆる「のど仏」です。食べ物を飲み込むときに上の方にいきます。「喉頭癌」はその器官がガンとなることをいいます。かれて声が出しづらいなどの症状もあります。最悪の場合、声帯を取らなくなってしまうこともありますので注意が必要です。発見やなおすことができる割合は比較的に高いといわれています。
さらにステージも4つに分かれています。1.のどの一部部分に小さくある状態、2.「のどぼとけ」の中にありますが、進行した状態、3.声帯が機能しなくなり、リンパ節に転移された状態、4.頸部リンパ節へ転移する、ガンが大きくなる、になります。
改善の方法は、放射線療法と手術での治し方があります。抗がん剤を使いながら、のどの機能を残したい人に おこないます。また手術では喉頭部分をきってしまう方法があります。
サポート面を考えたときに、病院としては、がんセンター、全国の拠点になっている病院、各都道府県にある大学病院があります。また実績をもつ名医と呼ばれるお医者さんもいます。入院費用や薬代にお金がかかるので保険に入会しておくことも一つでしょう。
また立ち向かうにあたっては精神面のケアも重要です。患者本人はもちろん、支える家族についても必要です。心の状態が治療の結果にも出てくるといわれています。治療にあたる病院や保険会社などで、専門のカウンセリングをうけることもできますので、闘病に対しての不安を和らげることもできます。
さらに管理人が読んで良かった本の感想を書いています。